お知らせ

珈琲の豆知識③

2020.02.10

 

 

本日の珈琲の豆知識は

『珈琲は脳に良い??』です。

 

珈琲をは身体に良いというのは定説で

だいたいの方はなんとなく知っている事実だと思います^ ^

 

珈琲の豆知識①でも少々詳しくお伝えしました。

 

 

では、身体に良いとしたら脳にはどうなの??という疑問が浮かぶのは

自然だと思いますが、実際どうなんでしょう。

 

珈琲の豆知識②ではストレスホルモンの関係で目が覚めるなんてことを

お伝えしましたがもう少し深掘りしていきましょう!!

 

 

 

2000年代にシカゴ大学が発表した論文があります。

【カフェインと脳の働きについて】

 

カフェインの摂取量と脳の働きについて調べたもので

その結果がこちらです。

 

  • 50mgのカフェイン→“脳の働きに変化が出ない”。
  •  
  • 150mgのカフェイン→“疲労感がやわらぎ、注意力が上がった”。
  •  
  • 450mgのカフェイン→“不安感が強くなり、記憶力が低下した”。

 

珈琲にもよりますが大体一杯200mlあたり50〜100ml程度と考えてください。

 

そう考えると1杯だとそんなに変化が無く、

2杯目から変化が現れるということですね^ ^

 

 

 

逆に、5杯目辺りから効果はマイナスに働いてしまうそうです( ; ; )

 

 

まぁ、なんでも飲み過ぎは注意ですね‼︎

 

ちなみにこちらは最初にお伝えした通りシカゴ大学の研究で、

わりとしっかりとした情報になりますが、

海外の方と日本人ですと身体の作りも多少変わってきますので

少し少なめに考えてみても良いかなと個人的には思っています。

 

 

そして何度も前記事でもお伝えしていますが

カフェインの効果は個人差が大きくありますので

個人で調節してみてくださいね‼︎

 

 

 

TOP