お知らせ

珈琲の豆知識①

2020.02.06

 

 

本日、和音珈琲のインスタグラムにて

珈琲についての雑学を投稿しました^ ^

 

こちらでも少しづつコーヒーについての良い情報を

皆さんにお伝えできればと思います。

 

 

 

今回は『珈琲って血糖値が上がるの?』という疑問。

 

たまに珈琲で血糖値が上がるという話が出ます。

ダイエット中なんかには飲まない方がいい!って話もありますよね!

 

 

体内には“インスリン”と呼ばれる血糖値を調整する働きのあるホルモンがあります。

 

糖尿病患者に処方されたりするあのインスリンです。

言葉自体は耳にしたことがある人がほとんどかと。

 

実際、珈琲に含まれるカフェインによって

インスリンの働きが阻害されるという話が実際にあるみたいです>_<

 

 

大切なのはここからです‼︎

実際にインスリンの働きがカフェインによって阻害されるのは事実ですが、

それはあくまで短期的な話。

 

たまーにしか飲まないっていう方は血糖値が実際に上がってしまうんですが、

習慣的に珈琲を飲んでいる方は逆にインスリンの働きが改善されるんだそうです^ ^

 

 

結果何が言いたいかというと、

珈琲を習慣的に飲んでいる方は血糖値が安定するってことなんです!!!

 

 

嬉しいお話ですよね^_^

ちなみに、インスリンの働きが一時的に阻害されたからといって

肥満リスクが高まるとかそういうのはないそうです。

たまに飲んでも身体には何の影響もないってことですね!!!

それどころか、珈琲にはまだまだたくさん身体に与える良い影響がたくさんありますので、

定期的に更新していきますね^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP